22 C
New York

IOSTブロックチェーンで独自のトークンを発行する

Date:

分散型経済システムの中核として、ブロックチェーントークンは欠くことのできない重要な役割を担っています。使いやすい、トークン発行ツールは、開発者や非開発者が独自のトークンを立ち上げ、オンチェーンアプリケーションを構築し、IOSTのエコシステムを豊かにし、暗号世界の建設に参加する多くのユーザーと資金を引き寄せることを容易にするものです。

IOST開発チームは、IOSTチェーン上でアプリケーションを構築するために、より多くの開発者を惹きつけるために、使いやすく信頼性の高い開発者用ツールボックスを作成することに尽力しています。IOSTTOKENのローンチは、より豊かな分散型経済システムを構築するための強固な基盤を築くことになるでしょう。

IOSTブロックチェーンで独自のトークンを発行する Blockchain CoinGenius Hosts Virtual Crypto Event The Road To Mass Adoption
  • IOSTウォレットアプリ。
  • IOSTのアカウントとリソース — IOST、iRam、iGas。
  • アイデア
  • IOSTアカウントとウォレットについてはこちら
  • IOSTのリソースについてはこちら
IOSTブロックチェーンで独自のトークンを発行する Blockchain CoinGenius Hosts Virtual Crypto Event The Road To Mass Adoption
  • https://iost-tokens.vercel.app
  • IOSTウォレットをアンロックする。
  • トークン記号(5文字以上)、総供給量、小数点以下の桁数、トークン名などの詳細を入力。ここでは小文字を使用することに注意する。
  • 上記の内容が正しいことを確認し、[Create]をクリック。この処理には約450バイト=0.45kbのiRAM(約1.5IOSTの価値)が必要。
  • トランザクションを確認。

iRAMが足りない場合は、iWalletやTokenPocket、Bitkeepなどのモバイルウォレットで購入することができます。

  • iWalletで[iRam]をクリックし、購入したい金額を入力する。最低限必要な金額は、0.45kbのiRamです。念のため、少し多めに購入されることを推奨する。もし、他の人やセカンダリーアカウントのためにiRamを購入したい場合は、[Resource Receive Address]にウォレットアドレスを入力することが可能。
  • iRamは通常、モバイルウォレットの[リソース]タブの中にある。iWalletと同じ手順で、iRamを購入することができる。
IOSTブロックチェーンで独自のトークンを発行する Blockchain CoinGenius Hosts Virtual Crypto Event The Road To Mass Adoption

トークンの作成に成功したら、今度はIOSTチェーン上でトークンを発行します。ボタンが赤くなったら、[Issue]をクリックすると、接続したウォレットにトークンの総供給量が表示されます。これは、あなたのトークンがIOSTのメインネットに正式に登録されたことも意味します。

IOSTブロックチェーンで独自のトークンを発行する Blockchain CoinGenius Hosts Virtual Crypto Event The Road To Mass Adoption
  • ウォレットのロックを解除し、資産と残高のセクションを下にスクロールして、[+Add Token]ボタンを探す。
  • トークンのシンボルを入力し、[Add]をクリックする。
  • これで、ウォレットのトークン残高が表示される。
IOSTブロックチェーンで独自のトークンを発行する Blockchain CoinGenius Hosts Virtual Crypto Event The Road To Mass Adoption

また、ブロックチェーンエクスプローラーであるIOSTABCを通じて、新しく発行されたトークンを照会することができます。

  • iostabc.comにアクセスする。
  • ページ右上の検索ボックスでトークンを検索し、情報を読み込むと自動的にメニューが表示される。
  • トークンをクリックすると保有者数などの情報が確認できる。

Related articles

spot_img

Recent articles

spot_img